PR

東京発の飛行機でアメリカ人が客室乗務員に噛みつき逮捕

日本
スポンサーリンク

はじめに

2024年1月16日、東京からのフライト中に酔っ払った航空機の乗客が女性の客室乗務員を噛むという騒動がありました。この事件により、飛行機は途中で引き返し、東京の羽田空港に戻ることを余儀なくされました。

事件の詳細

アメリカ人男性乗客(55歳)は、米国行きの全日空(ANA)のフライト中に「大量に酒を飲んで」乗務員の腕を噛んだと報じられています。

乗務員はこの事件で軽傷を負い、ANAのスポークスパーソンがTimesに語ったところによれば、159人の乗客を乗せた飛行機はシアトルへの途中で東京の羽田空港に戻ることを余儀なくされました。

乗客の逮捕

飛行機が日本の首都に着陸した後、乱暴な乗客は警察に逮捕されました。

乗客は調査員に対して、フライト中に航空会社の従業員を噛んだことを「覚えていない」と報告したと、日本の放送局TBSがTimesによって報じられました。

全日空の対応

全日空は、乗客の間で「怪我の報告はなかった」「私たちの乗客と従業員の安全と保安は全日空の最優先事項であり、それを確保するための必要な行動をすべて取る」と述べ、フライトは水曜日に出発する予定で再スケジュールされたと述べました。

ネットの反応(海外)

アメリカ人の行動はますます下品になっています。最近アメリカに戻ってきたけど、誰もどう振る舞えばいいのか分からない

これはゾンビ黙示録の始まりですか?

統計的にはサメよりもアメリカ人に噛まれる可能性が高い。

「覚えていない、薬物を摂取していた」というのが、最近の飛行機内でのマナー違反の言い訳の定番になっているようだ。

はぁ。こういった変人を我が国に送り込むのはやめてください。

まとめ

航空会社としては、乗客と従業員の安全を最優先に考え、同様の事件が再発しないように対策を講じることが求められます。

また、乗客自身も、他の乗客や航空会社のスタッフに迷惑をかけないよう、マナーを守ることが重要です。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

Plane Returns To Tokyo After American Passenger Allegedly Bites Flight Attendant
The 55-year-old man was reportedly arrested after the All Nippon Airways flight returned to the Japanese capital.

Comment

タイトルとURLをコピーしました