PR

アップルが日本でiPhoneのタッチ決済サービスを開始

日本

アップルは2024年5月16日から

日本でのiPhoneの利用拡大と販売の下支えを目指し、

iPhoneを決済端末として使用するサービスを開始します。

スポンサーリンク

iPhoneを決済端末として利用

事業者は、「エアペイ」や「スクエア」などのアプリを通じて、

iPhoneを決済端末として利用できます。

タッチ決済に対応したビザやJCBなどの

クレジットカードでの決済が可能となります。

数か月以内に日本のアップルストアでも

タッチ決済が利用可能になるとのことです。

初期費用の節約と手数料の免除

専用の決済端末の導入には

数万円程度の初期費用がかかる場合がありますが、

iPhoneを使えばそうした費用を節約できます。

(アップルは決済手数料を取りませんが

「エアペイ」や「スクエア」

利用による決済手数料はかかるとの事)

サービスの利用可能な端末

アイフォーン10以降の端末でサービスが利用可能になります。

アイフォーンの決済端末としての利用は2022年に米国で始まり、

日本で9か国目となります。

ネットの反応

やるやん!

売る側に負担がかからないのがいいね

PayPay潰しとして機能するかな?

PayPayさえ使ったことないワイ

またも時代に取り残されるw

これが普及すればキャッシュ決済が更に普及しますね。

現金が不要になるのは大変ありがたい。

iPhone8使用者の我には 何も関係がない話だった。

昨日もあったけど、

原因不明のエラーで電子決済が使えなくなると困るよね。

そういう事がないように祈りたいけど。

まとめ

実際店舗が利用するかはわからないけど、

導入しやすい選択肢が増えることはいいんじゃないかな?

ただし、電子決済が普及したからって現金を一切持たないでいると

痛い目にあう可能性もあるので気おつけましょう・・・

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

iPhoneで決済可能に…アップルが16日から開始、日本は9か国目 - ライブドアニュース
Appleが、iPhoneを決済端末として利用できるサービスについて発表した。日本で飲食店などを運営する事業者は16日から利用できるという。日本でのiPhoneの利用拡大や、販売の下支えにつなげる狙いがある

Comment

タイトルとURLをコピーしました