PR

ペルー政府の新法令:トランスジェンダーを精神疾患に分類

海外

2024年5月18日、ペルー政府は

トランスジェンダーを「精神疾患」に分類する

新たな法令を制定したと公表した。

この政令は

ペルーのディナ・ボルアルテ大統領によって署名されました。

スポンサーリンク

法令の制定

ペルー政府は

トランスセクシュアリズム(性転換症)を

「精神疾患」

に分類する新たな法令を制定しました。

この法令は、

2021年から精神疾患治療に保険を適用している

疾病のリストを更新し、

トランスジェンダーの人々も含めるものです。

反応と抗議

この法令の制定を受けて、

性的少数者(LGBTQ+)団体は抗議デモを行いました。

特に、

「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」

である5月17日には、

首都リマで政府への抗議デモが呼び掛けられました。

政府の見解

健康と福祉の権利の行使:

この法令は必要な人々が

「健康と福祉の権利を十分に行使する」

ためのものだと説明しています。

性的指向や性自認の認識:

「個人の性的指向や性自認自体は

身体的・精神的な疾患ではなく、

治療や、いわゆる

転向療法の対象とするべきではない」

と声明で強調しています。

撤回の拒否:

ペルー政府はこの法令を

撤回するつもりはないと表明しています。

保健省のカルロス・アルバドラド氏は、

法令を撤回すれば

「治療を受ける権利を奪う」

ことになると主張しています。

ネットの反応

生物学において性別は男と女のみ。

性嗜好は複数あるが、性嗜好は性別ではない。

異常心理学の分野なので、

精神病に分類されるのは必然であろう。

客観的考察。

トランスジェンダー、ノンバイナリー等は

「精神病」、つまり”異常”だということですね。

それが正しいと想います。

性自認が身体の性別と異なると感じている人は

ホルモンの分泌異常もあるかもね

うん、まあ、確かにそうなんだが…

そう十把一絡げにして良いものだろうか?

権利ばかり主張する奴等に うんざりしてたから

世界中がこう言う流れにならないかなぁ

なんて思ってる。

性別が、自己申告性だからモヤモヤするのよ

ポリグラフみたいな脳波を測定する機械で、

男と女の、

どっちの裸に脳が反応するか調べるとか、

科学的に調べて欲しい

まとめ

精神疾患とまで言うと少し違和感はあるけど、

性別で指定された場所に

肉体の性別で入らない人間は

ただの犯罪者として逮捕しまくれる

世の中になってくれればいいと思う。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

ペルー政府、トランスジェンダー、ノンバイナリー等を「精◯病」に認定
ペルー、トランス・インターセックスを「精◯病」と認定05/15/2024ペルー政府は15日、トランスジェンダーとインターセックスを「精◯病」と正式に分類した。テレグラフ紙の報道によると、同国保健省は、これによって公衆衛生サービスが &quo
ペルー政府、「性転換症」を「精神疾患」に分類 LGBTQ+団体反発(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】ペルー政府がトランスセクシュアリズム(性転換症)という言葉を用いてこの状態を「精神疾患」に分類する新たな法令を制定したことを受け、性的少数者(LGBTQ+)団体は17日、抗議デモを行

Comment

タイトルとURLをコピーしました