PR

川口クルド人問題:強制送還しない事実上の移民化か?

日本

2024年5月16日、埼玉県川口市に住む

在留資格を持たない外国人子弟への

就学援助費を国に求めている問題で、

クルド人全体のうち小中学生が約20%を占め、

他国出身者の割合に比べて突出して高いことがわかった。

スポンサーリンク

川口市の取り組み

川口市は、この問題に対応するために、

国に対して就学援助費の提供を求めています。

また、

市内のクルド人の小中学生の数が約400人であることが判明しました。

これまで市は、

クルド人やその家族の実数を把握していませんでしたが、

今回初めて明らかになりました。

政府の対策

政府は、人手不足の業界で働く

在留資格「特定技能」の受け入れを拡大し、

5年間で最大82万人の受け入れを見込んでいます。

この資格では、

段階を踏むことで家族帯同の永住も可能となります。

しかし、

川口市では、クルド人による家族帯同や「移民化」が既に進行しています。

川口市の子ども率

市教委によると、

クルド人の小中学生の割合を示す「子供率」は約20%となり、

中国人8・8%と比べても突出して高かった。

フィリピンは6・2%、ベトナム1・8%だった。

なお、

「少子化」とされる日本は7・1%で、

割合の低いベトナムは技能実習など

単身での来日が多い為と思われる。

ネットの反応

10年すると大きな社会問題になり得るのでルールは決めた方がいい。

これもれっきとした侵略です!

まず水際で止めるしかないです!

計画的だな。どこが難民なのか?

事象の分析をして難民ではなく計画的と理解できる事案については、

難民申請を詐欺罪として処理すべき。

ちなみに、 難民ではないとトルコ大使が明言している。

難民の子どもって学校通えるのか?

難民申請が通ってるってこと?

不法滞在者が、子供を作り、

その子供をダシに居座るパターンですね。

強制送還し様とすると人権派弁護士と「涙の記者会見」を開き、

同情を引くために、

子供を前面に押し出した猿芝居を披露するのが、

お決まりのパターン。

まとめ

「クルド人にばっか何で文句言うの?」

って言う人には

「だって悪い意味で目立ってるから」

としか言えないかな・・・

集団における悪名を覆すほどの実績がないのです。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

<独自>川口クルド人「子供率」20%で突出 家族帯同で難民申請、出産で事実上の移民化 「移民」と日本人
埼玉県川口市が、トルコの少数民族クルド人ら在留資格を持たない外国人子弟への就学援助費を国に求めている問題で、同市内に住むクルド人全体のうち小中学生が推計で約2…

Comment

タイトルとURLをコピーしました