PR

岸田首相がラサール石井を認知?「悪質な虚偽情報は許されない」

日本
スポンサーリンク

はじめに

2024年1月13日、岸田文雄首相は自身のX(旧ツイッター)で、能登半島地震に関する偽情報についての警告を発表しました。

首相は、「誤解を招きかねない、事実に基づかない投稿が散見される」と述べ、2次避難に関する情報の正確性を強調しました。

2次避難についての誤解を解く

岸田首相は、「2次避難先は行政で手配しており、避難者に負担いただくことはない」と明確に述べました。これは、ホテルや旅館への2次避難が被災者の負担となるというラサール石井氏の情報発信に対する反論とみられますが、直接的に名指しはしていませんでした。

偽情報の拡散に対する警告

首相はさらに、「悪質な虚偽情報は許されない。影響の大きいアカウントだから正しいとは限らない」と訴え、偽情報の拡散に対する警告を発しました。

ネットの反応

有料みたいなポストをしている芸能人崩れ、インフルエンサーがいるのでそこはちゃんと調べて落ち着いたら訴訟起こして下さいね。 震災中に被災地を混乱させた罪は重い。

ラサール石井を名指ししない岸田の武士の情けワロタ。

ラサール石井完全にお笑い芸人じゃなくて笑われ芸人になっちゃったな。

ラサール石井氏が政府批判のため悪質なデマや印象操作ツイートするのは呆れる事にもう当たり前だが、震災のような非常時ですらやるのはマジでクズやな。 これで被災者が本当は無料でホテルや旅館に避難できるのに、有料と誤解して避難せずに何かあっても知らん振りなんだろうね。人として最低すぎる。

ラサール石井のデマの事か。 でもすごい数の人に指摘されてコミュニティノートがついて首相に言われてもツイ消ししないから、ラサール石井もコロアキと同じでインプレッションが取れればなんでもいいのかもな。

まとめ

岸田首相の偽情報に対する警告は、現政権の信用の有無とは関係ありません。

能登半島地震の被災者を支援するための政府の取り組みを明確にし、偽情報の拡散を防ぐことを目指しています。

このメッセージは、我々が情報を共有する際の責任を改めて認識するきっかけとなるでしょう。

参考リンク

首相「2次避難負担なし」 偽情報に注意呼びかけ(共同通信) - Yahoo!ニュース
岸田文雄首相は13日、自身のX(旧ツイッター)で、能登半島地震で政府が進める2次避難に関する偽情報に注意を呼びかけた。「誤解を招きかねない、事実に基づかない投稿が散見されるが、2次避難先は行政で手

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました