PR

【規制】アメリカ議会、TikTokの使用禁止に向けた法案を可決

海外

TikTokは中国発の動画投稿アプリで、若者を中心に世界中で爆発的な人気を博しています。

しかし、アメリカではTikTokの使用が禁止される可能性が出てきました。

スポンサーリンク

法案の可決

2024年4月23日、アメリカ議会上院はTikTokの親会社である中国企業に対し、

アメリカ事業を売却するよう求める法案を可決しました。

バイデン大統領も署名する考えを示していることから、法案の成立はほぼ確実と言えます。

この法案は、アメリカ国内でのアプリの配信を禁止する内容で、

最長で1年以内に売却するよう求めています。

安全保障上の懸念

この法案の背後には、利用者データの中国流出や世論操作に用いられるおそれが指摘されるなど、

安全保障上の懸念があります。

これらの懸念が規制の理由とされています。

TikTok側の反発

TikTok側は

「言論の自由を踏みにじっている」

などと法案の内容に強く反発しています。

また、中国政府からも批判が出るとみられています。

アメリカ利用者

2024年時点で、アメリカには約150万人の月間アクティブユーザーがいると報告されています。

この数値は、2023年には約102万人であり、年々増加傾向にありました。

これらのデータから、TikTokの影響力がどれほど大きいかが伺えます。

ネットの反応

TikTokって中国のSNSやったんや。

昨年時点でのアメリカで2億ユーザー以上がDLしてるモンスターアプリだから、このユーザーが次はどこに辿り着くのか気になる。 大半は若年層だから新しい受け皿サービスが出てくるのかな?

TikTok外し決まりそうね。 売却先って目星ついてるのかなあ。

日本はやらないだろうな〜

ティックトッカーにとってはとても悲しい

まとめ

ネット上で「TikTokで中国に情報を抜かれる」って言ってもただの陰謀論に聞こえる事のが多いけど、いざアメリカが「TikTokで中国に情報を抜かれる」って言うと見え方が違うね・・・

やはり誰が言うか次第なんだねえ。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

「TikTok禁止」法案も上院で可決 1年以内にアメリカ事業売却求める バイデン大統領が署名し成立へ - ライブドアニュース
中国発の動画投稿アプリTikTokのアメリカでの使用禁止につながる法案がアメリカ議会上院で可決されました。バイデン大統領は署名する意向で、法案は成立する見通しです。アメリカ議会上院は23日、TikTokの親会社の中

Comment

タイトルとURLをコピーしました