PR

クリスマスに弟が姉を銃撃:それを見た兄が弟を銃撃

海外
スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを巡る争い

2023年12月24日、米フロリダ州の 一家はクリスマスプレゼントの買い物に出かけました。しかし、15歳の兄が、14歳の弟がもらったプレゼントが自分より多いと主張し、家族間で口論が始まりました。「誰が何をもらったか、誰にいくら使ったか」を巡って言い争い、店内で大騒ぎになりました。

弟の銃撃

一家が店を出て祖母の家に行った後も、争いは続きました。23歳の姉、アブリエル・ボールドウィンさんが14歳の弟に「クリスマスなんだからけんかはやめなさい」と声をかけました。

その直後、14歳の弟は拳銃を抜き、姉に向けて銃口を向けました。ボールドウィンさんが止めようとしたところ、弟は彼女の胸部を撃ちました。

兄の銃撃

弟が姉を銃撃するのを見た15歳の兄は、別の拳銃を抜き、弟を撃ち、現場から逃走 、近くの親類の家で発見されました。

その後

警察が銃撃現場に到着したとき、弟と姉はそれぞれ1発の銃弾を受けていました。ボールドウィンさんは病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。抱いていた生後11カ月の息子にけがはなかったとの事。弟も病院に搬送され、容体は安定しているとの事です。

罪の追及

14歳の弟は殺人、児童虐待、銃不法所持の罪で訴追されました。一方、15歳の兄は殺人未遂と証拠隠滅の罪で訴追されました。

ネットの反応

銃にいい加減規制かけた方がいいのわかってるよね。

何をしてるんだか…プレゼントの事だけで家族の命を奪うとは…

お姉ちゃんかわいそうすぎる。

生後11ヶ月の甥っ子生きてて良かったけど、これからどうするんだよ てか大きくなったら復讐されるぞ。

銃社会の恐ろしさ そこに銃が無ければ記事のような酷い事態にはならなかったかもしれません。

まとめ

2023年時点でアメリカの人口は約3億40,000,000人で、銃の数は約3兆9300万丁と推定されています。アメリカの銃規制の話題はよく上がりますが、現実問題今現存する銃は国民の十倍以上あるとされており、現実的では無いのかと思わされます。日本に生まれて良かった。

参考リンク

姉を射殺の14歳弟、15歳の兄が銃撃 プレゼントめぐりイブに家族で争い 米 - ライブドアニュース
事件について説明するフロリダ州ピネラス郡の保安官/Pinellas County Sheriff's Office(CNN)米フロリダ州の一家がクリスマスプレゼントをめぐって家族でけんかになり、クリスマスイブの24日に14歳の弟が2
姉を射殺の14歳弟、15歳の兄が銃撃 プレゼントめぐりイブに家族で争い 米
米フロリダ州の一家がクリスマスプレゼントをめぐって家族でけんかになり、クリスマスイブの24日に14歳の弟が23歳の姉を射殺したとして殺人罪で訴追された。15歳の兄も、姉を撃った仕返しに弟を銃撃したとして殺人未遂の罪に問われている。
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました