PR

中国「尖閣諸島の領土は1ミリたりとも譲らない」

日本
スポンサーリンク

はじめに

2023年11月下旬、中国の習近平国家主席は、沖縄県・尖閣諸島についての領有権主張を強化するよう海警局に指示しました。

領有権主張の活動増強

習氏は、「1ミリたりとも領土は譲らない。釣魚島の主権を守る闘争を不断に強化しなければならない」と述べ、11月29日に上海で海警局の東シナ海海区指揮部を視察し、「前進のみ、引くことはできない」と尖閣について言明しました。

中国海警局は2024年に毎日必ず尖閣周辺に艦船を派遣し、必要時には日本の漁船に立ち入り検査する計画を策定している。

日本との関係

岸田首相は11月中旬の日中首脳会談で、尖閣を含む東シナ海情勢への「深刻な懸念」を習氏に直接伝えました。しかし、中国側はこの指摘を顧みず、実際の行動によって領有権主張を強める方針であることが明らかになりました。

懸念の高まり

中国が日本漁船の立ち入り検査計画を策定したことは初めてのことで、実際に検査を行おうとすれば、日本、海上保安庁の船舶との摩擦拡大は必至で、偶発的な衝突が起きる懸念がさらに高まりそうです。

ネットの反応

尖閣諸島が中国の領土だったことは歴史上1秒たりともないじゃないか。

完全になめられてる。

自分のものじゃないのに譲らないとかなんとか言い始める異常者やん。

こうゆうことするから中国嫌いなんだよな 政府は遺憾とか言ってないで、世界中にネガキャンした方がいいよね 信頼できないでしょこんな国。

茶化してる人多いけど、ある日、突然、島に上陸して何かを建設し始めたら、政府はどう行動するのだろう。 竹島のように、言葉による抗議はするだろうが、そこまでかな。

まとめ

尖閣諸島は2012年9月に日本政府が所有者から20億5000万円で購入し、日本国への所有権移転登記を完了ている日本の領土です。この問題は、日中関係における重要な焦点であり、今後の動向に注目が集まっています。

参考リンク

習氏「1ミリも領土は譲らない」 尖閣諸島の闘争強化を指示(共同通信) - Yahoo!ニュース
中国の習近平国家主席が11月下旬、軍指揮下の海警局に対し、沖縄県・尖閣諸島について「1ミリたりとも領土は譲らない。釣魚島(尖閣の中国名)の主権を守る闘争を不断に強化しなければならない」と述べ、領有
習氏「1ミリも領土は譲らない」 尖閣諸島の闘争強化を指示 | 共同通信
中国の習近平国家主席が11月下旬、軍指揮下の海警局に対し、沖縄県・尖閣諸島について「1ミリたりとも領...
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました