PR

トランスジェンダー議員、小嶋小百合氏が「おっさんやないか」と言われ会派を離脱

日本
スポンサーリンク

はじめに

愛知県春日井市議会のトランスジェンダー女性議員、小嶋小百合氏(70歳)が、同じ会派に所属する議長からの不適切な発言により、会派「市民クラブ」を離脱したことが明らかになりました。

小嶋氏の背景

小嶋氏は男性として生まれ、62歳の頃に性同一性障害と診断されました。その後、ホルモン治療を続け、67歳の頃に性別適合手術を受け、戸籍を女性に変更しました。令和5年4月の市議選で社民党公認で初当選しました。

不適切な発言

問題の発言が行われたのは1月19日夜の懇親会で、議長である村上慎二郎氏(53歳)が小嶋氏のつまようじをくわえながらパソコンに向かっている 様子を取り上げ、「おっさんやないか」と繰り返し発言しました。

小嶋氏の反応

小嶋氏はこの発言にショックを受け、「このままではメンタルがもたない」と判断し、会派を離脱しました。離脱は30日付で、産経新聞の取材に対し、「フラッシュバックを起こしてしまうので答えたくない」と述べ、自律神経失調症と診断され、当面休養すると述べました。

村上氏の反応

一方、村上氏は自身の発言を認め、「小嶋氏を傷つけてしまい、申し訳なく思っている」とコメントしています。

ネットの反応

人前で爪楊枝咥えてパソコンに向うなんて おばさんでもやりませんわ

ちゃんと手続きを踏んで女性になっているという点から相当な覚悟は感じられますね それでも振る舞いを簡単に変えられないということも理解できます 「おっさんやないか」と言われてしまうくらい自分に「男性らしさ」が残っていたこと へのショックもありそうだなと思いました

年取ったら、おっさんもオバハンも一緒

居酒屋で、『とりあえず生』『おしぼりで顔を拭く』。職場で、『爪楊枝をくわえたままパソコンに向かう』。ワイも“おっさんやないか”と言うわwww

人前で楊枝くわえながらPCなんて多くの女性がほぼやらないのは「女がそんなことするのはみっともない」とされている社会で女に生まれて女として育って女として扱われてきたからなんだよね。小嶋小百合はそうじゃないからやるし、たとえ女がやっても言われるであろう揶揄で1ヶ月も仕事休めるんだね

まとめ

正直、トランスしてなくても70歳の婆さんがパソコンにむかってつまようじ加えてたら本人に言うかはおいといて「おっさんやん・・・」ってなると思ったのが個人的な感想でした。

まあ、おっさんらしさは性別を超えて適応されていくんでしょうね。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

トランスジェンダー女性市議に議長が「おっさんやないか」 ショックで同じ会派を離脱
生まれつきの性別は男性ながら性自認は女性であるトランスジェンダー女性の愛知県春日井市議が、同じ会派に所属する議長から「おっさんやないか」と言われ、会派を離脱し…

Comment

タイトルとURLをコピーしました