PR

中国の雑貨大手が「ちいかわ」の不適切な呼称で炎上:担当者解雇

海外

2024年4月4日、中国の雑貨小売大手、名創優品(メイソウ)が日本の人気キャラクター「ちいかわ」に関する不適切な動画を投稿し、その後謝罪するという事件が発生しました。

スポンサーリンク

不適切な動画の投稿

名創優品のショート動画アプリ・抖音(ドウイン)の公式アカウント

「名創優品公式旗艦店」は、「ちいかわ」とのコラボグッズを紹介する動画を配信しました。

しかし、その動画で担当者がキャラクターを

「藍色褲頭猫(青ズボン頭の猫)」

「智障愛哭鼠(知的障害の泣き虫ネズミ)」

「瘋狂怪叫兔(奇声を上げるウサギ)」

などと呼称し批判の声が殺到しました。

名創優品の謝罪と対応

この騒動を受けて、名創優品は声明を発表し、

「キャラクターへの不適切な呼称があったことについて、

ちいかわを愛するファンの皆さまの感情を傷つけたことを心からお詫びいたします」

と謝罪しました。

さらに、

「弊社はちいかわとのコラボを非常に重視していると同時に、

この作品を非常に尊重し、愛しています。

今回のコラボ商品の発表に際しても非常にたくさんの準備と努力を行ってきました。

内部チームのミスに非常に衝撃を受けており、厳しく処分します」

とし、

動画をすでに削除したこと、

責任者の解雇を決定したことを明かしました。

中国ユーザーの反応

中国のSNS・微博(ウェイボー)では、

「名創優品がちいかわの不適切動画を削除」

がトレンド1位になり、

ユーザーからは

「絶句する」「動画の削除は当然」「知的障害はさすがにマズいだろ」

「自分でユーモアがあるとでも思っていたのか」

など、批判の声が殺到しています。

ネットの反応

【奇声を上げるウサギ】だけは100歩譲って正しい気もする、、、

公式でもうさぎは奇声を発すると言われてるけどな

流石に知的障害はライン超えだったかぁ…

申し訳ないが笑えないちい虐はNG

青ズボン頭の猫⇒わかる 奇声を上げるウサギ⇒まぁわかる 知的障害の泣き虫ネズミ⇒こいつネズミだったんだ・・

まとめ

つまり、内輪ネタのノリを「これ面白いでしょ?」って世間に出すと寒い目で見られるって話ですかね?

しかし、動画投稿の担当者がどんな立場の人間か知りませんがそれで解雇まで行くんですね・・・

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

「ちいかわ」で不適切動画、中国雑貨大手・名創優品が謝罪 - ライブドアニュース
中国雑貨大手・名創優品が3日、配信した動画について声明を発表した。「ちいかわ」とのコラボグッズの紹介で、不適切な呼称があったと謝罪。「内部チームのミスに非常に衝撃を受けており、厳しく処分します」とした

Comment

タイトルとURLをコピーしました