PR

トランスジェンダー選手、女子300m記録を塗り替えて物議

海外
スポンサーリンク

はじめに

トランスジェンダーの選手が女性部門で競技することは、公平性と包括性の間で議論を巻き起こしています。最近、男性から女性への性別変更を経たスプリンター、サディ・シュライナー(旧名カムデン)がロチェスター工科大学で300mの記録を更新し、物議を醸しています。

シュライナーの記録更新と反響

シュライナーは、ニューヨーク州のナザレス大学で12月8日に開催された大学の陸上競技会で優勝し、41.80秒という新記録を樹立しました。彼女は1年前の同じ大会で男子100m部門に出場し、19位に入賞したと報じられています。

女子スポーツ活動家であり、かつて優れた大学水泳選手だったライリー・ゲインズは、物議を醸すNCAAチャンピオン、リア・トーマスとの競技後、トランスジェンダーの選手に対して発言し、この勝利を「男性によって達成された」と非難しました。

トランスジェンダー選手の女子スポーツでの成功

シュライナーの勝利は、女子スポーツで成功を収めるトランスジェンダーの選手が増えている最新の事例の一つです。専門家は、彼らが男性の思春期の影響により不公平な身体的利点を持っていると警告しています。

シュライナーの今月の記録更新努力は、彼女が生物学的な女性に対して不公平な利点を持っていると主張する人々の間で怒りを引き起こしました。彼女の300mのタイムは、男子部門で41位に相当します。

女子スポーツへの影響

ゲインズが勝利に対する不満を共有した後、ジャーナリストのシンディ・ホーデルは、トランスジェンダーの選手による勝利が増えることは「女子スポーツを茶化すことになる」と付け加えました。

「女性たちはこれらの男性のタイムを剥奪するために何年も費やさなければならないでしょう。勝った女性たちは最終的に記録簿に認められるでしょうが、表彰台の上に立つ経験は二度と取り戻すことはできません。」との事。

ネットの反応

こうなると、もはや運動競技ではなくなります。真剣に受け止められることを望む。文化、活動、社会にとってまったく不適切です。

これが正当な勝利だと思う人は狂っている 。

政治家やスポーツ団体はいつ「女性」の深刻な現実に目覚めるのだろうか。男性の体で生物学的な女性と競争することは不公平であり、許されるべきではありません。 これは、あらゆるスポーツの男子選手が記録を更新していることからも明らかです。

女性アスリートたちが、自分たちが情熱を注ぐ競技スポーツのいかなる形態であっても、大会、試合、ゲーム、トーナメントに参加しないという抗議をしない限り、事態は変わらないか、あるいはさらに悪化するだろう。

そろそろこれを止めるべき時が来た。スポーツを嘲笑する行為。非常に不公平です。

まとめ

正直トランスの人の精神構造がわからない為、勝ちたすぎてトランスした可能性を疑ってしまいます。何をしてでも勝利すると言って他人に迷惑をかけるのは物語だけで十分です。スポーツに全力な人って実行するかはともかく考えたりするんですかね?これが認められる世の中にならないことを望みます。

参考リンク

Transgender athlete sparks outrage after SMASHING 300m school record
Sadie Schreiner, formerly known as Camden, stormed to victory on December 8 at Nazareth University in New York, setting ...
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました