PR

【アメリカ】ブタの腎臓を移植した患者死亡:病院「移植は死因でない」

海外

遺伝子改変技術が進化し、その応用範囲は医療分野にまで広がっています。

特に、臓器不足という深刻な問題を解決するための一つの解答として、

動物の臓器を人間に移植する「異種移植」が注目を集めています。

スポンサーリンク

遺伝子改変ブタ

2024年3月16日、マサチューセッツ総合病院で

リチャード・スレイマンさん(62歳)に

遺伝子を改変したブタの腎臓を人間に移植するという

画期的な手術が行われました。

移植後の経過と課題

スレイマンさんは手術後、順調に回復し、自宅で療養していました。

しかし、残念ながら2024年5月11日に亡くなりました。

病院側は、「移植が死因とは考えられない」と発表しています。

これまでにも、

ブタの心臓を移植した2例がありますが、

これらの患者もいずれも手術後数ヶ月で亡くなっています。

これらの事例から、

異種移植がまだ直面している課題が見えてきます。

異種移植の可能性

アメリカでは10万人を超える患者が臓器移植を待っており、

毎年数千人以上が移植を受けられずに亡くなっています。

このような背景から、異種移植の可能性は依然として大きく、

その研究と開発は進められています。

ブタ移植始まりの歴史

ブタの腎臓移植(1902年):

異種臓器移植の最も古い例として、

ウィーンのウルマンによるブタをドナーとした腎移植が行われました。

ブタの心臓弁移植(1965年)

ブタの心臓弁の移植はすでに治療法として広く定着しています。

遺伝子操作したブタの心臓移植(2022年)

アメリカのメリーランド大学病院で、

57歳の重度の心臓病患者デヴィッド・ベネット氏が、

遺伝子操作したブタの心臓を移植する世界初の「異種移植」手術を受けました。

ブタの腎臓移植(2021年):

米ニューヨーク大学の医師団が、

ブタの腎臓を人間に移植する手術に成功しました。

ネットの反応

原因ではないというけど、まだ実用的ではないというだけなんじゃ

科学の発展には尊い犠牲も必要という…

3月の移植成功のニュースを覚えている。

そうか亡くなられたのか。

まだ技術的に課題があったのだろうな。

この先に標準的な医療となるための尊い犠牲となるんだな。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

少しでも長生きできるならば選ぶよな

こういうのが本当の意味での先進医療なのでしょうか?

無理あ理想だと思ったらやっぱり無理だったわ

移植を受けられずに亡くなる方も多いのですね。

まだ課題は多そうですが少しでも多くの方が救われるよう今後の医療の発展に期待したいです。

まとめ

これが正しい意味で使われる、

医学の発展の為の犠牲ってヤツなのかね・・・

しかし、「移植が死因とは考えられない」ってのは

隠し事のない本音なのかね?

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

世界初ブタ腎臓移植の患者が死亡 順調回復も術後2か月で 「移植が原因で亡くなったとは見られない」(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース
アメリカで、世界で初めて遺伝子を改変したブタの腎臓の移植手術を受けた患者が亡くなりました。 AP通信などによりますと、11日に死亡したのは、3月にアメリカ東部のマサチューセッツ総合病院で遺伝子を改

Comment

タイトルとURLをコピーしました