PR

女性権利を訴えるデモに妨害者が罵声:ひろゆき「どちらが弱者?」

日本
スポンサーリンク

はじめに

2023年12月23日に東京・新宿で行われた、性同一性障害特例法の廃止を訴えるデモ活動が、トランスジェンダーの性別変更権が脅かされると主張する人々によって妨害されたました。

件に対しひろゆき氏は「デモ妨害者は、「ヘイトデ~モ中止!」「トランス差別者、かーえーれ」と罵声を浴びせ、デモの参加者に中指を立てる。 どちらが、弱者なのだろう、、?」 と疑問を呈していました。

デモの背景

デモの主催者は、「女性の権利と尊厳を取り戻す会」という女性団体で、参加者は20人弱の女性でした。彼女たちは、性別適合手術を経て性別変更が認められた元男性と女性トイレや女性更衣室などを共有することに強い拒否感を示していました。

デモの進行

デモの開始前から、虹色のフラッグを掲げた人々が参加者を取り囲み、「ヘイトデ~モ中止!」「トランス差別者、かーえーれ!」と罵声を浴びせ、スマートフォンやビデオカメラで参加者を撮影しました。デモ行進が始まると、妨害者の側がデモ参加者に接近してメガホンで大声を張り上げ、参加者が訴える内容がなかなか聞き取れない状況が続きました。

参加者と妨害者の対立

デモの参加者側がメガホンの音量を上げ、「性別の定義を変えるな」「女性の尊厳を守れ」と訴えると、妨害する側も「かーえーれー」とボリュームを上げて対抗しました。妨害する側の行為は眉をひそめる内容で、「とっとと帰れって言ってんじゃねーか」と大声を発する女性や、「ファン、ファン、ファン」とサイレンを大音量で鳴らす女性などがいました。

参加者の反応

主催団体の共同代表を務める青谷ゆかりさんは、「意見や立場が違う人がいるのは分かる。でも、このようなカウンター(反対)行為を行うのではなく、お互いどう考えているのか議論すべきだ。カウンター行為は反対だ」と述べました。同じく共同代表の白瀬詩織さんも、「われわれの主張が広がれば、賛同者が増えてしまうから都合が悪いと考えているのではないか。まずは聞いてほしい」と語りました。

ネットの反応

よほど虹色フラッグの方々には何か都合が悪いとみえるね。 酷いな。 反対意見を許さない姿勢は嫌われるよ。 怖かったでしょうに。 この参加した女性達は勇気があるね。

虹色のはたの人たちって不寛容で多様性無視なんですね。

本当のことに対して差別と喚く異常さを受け入れていたら社会がおかしくなるわ。

自分たちは好き放題言わせろ 他人はひと言も発するな、黙れ 本当に言論として平等なら反対意見にも言う権利があり、全て言わせてからそれに納得のいく反論を続ければよいだけ 一方の発言のみその機会から無くせと言うのは極めて不平等であり、ただの「暴力行為」です。

妨害すればするほど嫌われていくのわからないのかな?どんなに正しいことを言ってたとしても間違ったことをしたらその主張は聞いてもらえないし、いずれは誰にも受け入れてもらえなくなるよ。

まとめ

性別変更に関する議論とそれに伴う社会的な緊張を取り上げています。性別の問題は個々の人々だけでなく、社会全体に影響を及ぼす重要な問題であり、公平で包括的な議論が必要です。この記事がその一助となることを願っています。

参考リンク

サイレンにスマホ撮影、罵声、中指‥「男性は女性になれない」デモに過激な妨害
戸籍上の性別変更を可能にした性同一性障害特例法の廃止を訴えるデモ活動が23日、東京・新宿で行われ、参加者の女性らが「性別は変えられない」「女性の尊厳を守れ」「…
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました