PR

シンクホールの恐怖:大穴に飲み込まれ死亡したフロリダのジェフ・ブッシュさんの悲劇

海外

2013年、フロリダ州セフナーのジェフ・ブッシュさん(当時37歳)は、自宅の寝室で眠っていたところ、突如として地面が開き、彼はシンクホールに飲み込まれました。

シンクホールとは、地下の岩石が侵食されたり崩壊したりして形成される、地表面上に突然現れる大きな穴のことです。

スポンサーリンク

ジェフさんの最後の日

その日、ブッシュ家では、ジェフさんの叫び声とともに凄まじい音が響き渡りました。

ジェフさんの兄弟であるジェレミーさんと、

そのパートナーであるレイチェルさんは、

驚いてジェフさんの部屋に駆けつけました。

しかし、ジェフさんが寝ているはずの場所には、

直径と深さが6メートルもあるシンクホールが広がっており、

ジェフさんの姿はなく、ベッドごと飲み込まれてしまったようでした。

ジェレミーさんはジェフさんを救出しようと穴に飛び込みましたが、

周囲の地面が崩れ続けていたために危険と判断され、

ヒルズボロー郡の保安官によって引き上げられました。

結局、ジェフさんは救助されることなく、

遺体も発見されませんでした。

シンクホールの再出現

家も地面も不安定な状態では救助活動は危険であり、

早々に打ち切られました。

家は取り壊され、

穴は砂利を詰めて塞がれました。

しかし、2024年3月24日、

この穴が再び姿を現しました。

シンクホールははなぜできる?

シンクホールは、「カルスト地形」と呼ばれる、

雨水や地下水に溶かされやすい岩石が多い場所で発生しやすいと言われています。

フロリダは石灰石が豊富で、

石灰岩が溶けると地下に空洞ができて地表が脆くなり、

その地表が崩れ落ちることでシンクホールができます。

フロリダのシンクホールの数は?

フロリダには確認されているだけで約20箇所にシンクホールが存在していると報告されており、実際の数はもっと多いと言われています。

ネットの反応

2013年に飲み込まれた男性は見つかってないのか…恐ろしすぎる、先日『奈落のマイホーム』という映画を見たけど、現実ではあんなふうになったら絶望的ということがわかりました…

トラップカード!落とし穴!

SCPやん

フロリダは石灰岩台地だもんね、シンクホールの生成不可避

フロリダに家建てる時は家より大きい面積の鉄骨の上に家建てないと飲み込まれちゃうな…

まとめ

これは怖すぎる…埋めても10年後には再発生ってもう同じ場所は使えないも同然って事か…

最悪家ごと飲み込まれるなんて事も…?これ以上人に被害が出ない事を願います。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

就寝中の男性をベッドごと飲み込んだ巨大な穴。埋められたはずが再度姿を現す - ライブドアニュース
2013年に米フロリダ州の住宅で突如、地面に巨大な穴が現れた件。就寝中の男性がベッドごと飲み込まれ、遺体も発見されなかった。この穴はすぐに塞がれていたが、最近になって再び姿を現したという

Comment

タイトルとURLをコピーしました