PR

秋葉原のカードショップで1枚約500万円の遊戯王高額カードが盗難被害:どんなカード?

日本

2024年3月13日、東京・秋葉原のカードショップで、一枚498万円相当の遊戯王のレアカードが盗まれるという事件が発生しました。犯人は20歳前後の男で、黒い上下の服を着ていました。

スポンサーリンク

犯行の詳細

男は一人で店に入店し、「遊戯王カードを見せてほしい」とスタッフに依頼しました。

そのカードはショーケースに並んでいた高額なレアカードで、スタッフはカードをトレイに乗せて男に見せ、状態を確認してもらっていました。

その後、男は「ちょっと考えたい」と言い、店内を40~50分ほどうろつきました。

そして、店員が一瞬目を離した隙に、男はカードを持って逃走しました。

犯人の特徴と現状

犯人は身長160センチ前後のやせ形で、現在も逃走中です。

彼は近くに停めていた車に乗って逃げ去りました。

盗まれたカードは何?

ネット上では盗まれたカードはブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンの初期シークレットレアカード(通称:シクブル)だったと言われており、シクブルは傷が多少あっても150~200万円で取引され、美品であれば300万円を超えることもあります。理由は以下の通り。

  • 限定配布:シクブルは1999年の「Vジャンプフェスタ」で入場者に配布されたもので、その配布枚数は1000枚とされています。
  • 状態の影響:20年以上前に配布されたカードであるため、美品として残っているものが非常に少なく、カードの状態によって価格が大きく左右されます。
  • コレクターの間での人気:ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンは遊戯王の代名詞的存在であり、その中でもシクブルは特にコレクターの間で人気があります。

店舗の対応

被害にあった店舗は、今回の事件を受けて、盗難防止策を見直すことを決定しました。

「対策含め、不十分なところはあったと思うので、(盗みを)できない仕組みづくりをしていく必要がある」と店の担当者は語りました。

警視庁の捜査

警視庁はこの事件を窃盗事件として扱い、男の行方を追っています。

ネットの反応

500万もするカードがあるん…??

遊戯王 トレカ 金額すごいよね、誰かの家に眠ってるのかも・・・・。

なんかすぐに捕まりそうな気がする…

ホントに今はカードが社会問題になる時代。資産になる時代ということが分かる…

これもう宝石店と同じ扱いにした方がいいでしょ

犯人が圧倒的に悪いけど、店員さんも迂闊だったかな…

まとめ

カードの盗難被害にあうニュースをよく聞くようになっりましたね…

カードショップの店員は高額商品を取り扱っている自覚を持たないとイロイロ危なそうです。

犯人が逮捕されてカードが戻ってくることを願います。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

「走って逃げた…許せない」 “遊戯王500万円トレカ”盗み…男が逃走中 東京・秋葉原 - ライブドアニュース
東京の秋葉原駅近くのカードショップに入店した男が、500万円相当のカードを盗んで逃走しました。被害にあった店舗が14日、取材に応じ、当時の様子を語りました。被害にあったカードショップの一角に並べられていた

Comment

タイトルとURLをコピーしました