PR

社民党副党首にコミュニティーノート直撃:福島第1原発の件

日本
スポンサーリンク

はじめに

東京電力が、福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)3キロ圏内の海水に含まれる放射性物質トリチウムの測定頻度を減らすと2023年12月25日に発表した件で、社民党副党首大椿ゆうこ氏の発言にコミュニティノートが追記されたので紹介します。

大椿ゆうこ氏の発言

こうやって、どんどんとチェックが甘くなる。 トリチウム測定「毎日」→「週1回」

コミュニティノートの内容

現状チェックが甘くなっているということはありません。

「トリチウム測定「毎日」→「週1回」」というのは、東京電力が実施しているトリチウムの迅速測定の頻度を変更したことを指しています。

迅速測定とは、検出下限値を上げることで迅速に分析を行い、海域の状況を早期に把握することを目的としています。

ですが、東京電力が行っている精密測定については従来通りのペースで実施されます。

また、東京電力とは別に国が実施しているトリチウム測定についても頻度に変更はありません。

従ってこの変更により安全性が低下することはないと言えるでしょう。

約に立ちましたか?

ネットの反応

草津町へのヘイト発言は厳しい処理必要だね。

変化がないなら頻度を下げる。変化があれば頻度を上げる。普通の営みと思いますが。

こうやって、どんどんと印象操作を仕掛けてくる。 草津町、 処理水、 あきたこまちR、 次から次へと寄生していくかのように… メディアのチェックは甘いまま…

ちゃんと記事を読めよ、放出していない週だろ毎日計測しても税金の無駄なんだよ。

>12月26日以降、沖合約1キロの放出口から600メートル以内の4地点では、放出中と放出終了から1週間は従来通り毎日測定する 棚ぼたさんは文字読めないんですか?

まとめ

コミュニティノートの件をまとめました、ノートに取り上げられた人がどう対応するかでその人なりを読み取ることができて面白いですよね。そのせいでか発言が減っている気がして残ねんです今後もチェックの対象にします。

参考リンク

東京電力 海水のトリチウム濃度の分析 26日から測定頻度を変更 | NHK
【NHK】東京電力は、福島第一原子力発電所にたまる処理水の海への放出を始めたあと毎日行っている、海水のトリチウム濃度の分析について…

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました