PR

ウズラの卵で死亡事故:「よく噛んで食べましょう」で終わらない影響とは

日本

2024年2月26日、福井県みやま市の小学1年生の男の子が給食中にウズラ卵を喉に詰まらせ死亡する事故がありました。

この事故は全国に衝撃を与え、特にウズラ卵の大量生産地である愛知県では深刻な影響が出ています。

スポンサーリンク

福岡の事故とその後の反応

2月26日、福岡県の小学校で、

給食中にウズラ卵を飲み込んだ小学1年生の男の子が窒息死しました。

この事故以降、ウズラ卵を含む給食を提供することに対する懸念が高まり、

多くの学校がウズラ卵の使用を控えるようになりました。

愛知県のウズラ卵生産とその影響

愛知県はウズラ卵の最大の生産地であり、

この事故は地元の生産者に大きな打撃を与えています。

特に、ウズラ卵の水煮が主力商品である名古屋市は、事故後、

ウズラ卵の給食利用を控える自治体が九州地方を中心に相次ぎ、

一部の取引先への出荷ができなくなりました。

既に出荷済みの製品でも、

取引先で在庫になっている可能性があるとのことです。

ネットの反応

餅のキャンセルはないのにな

よく噛んで食べましょうで済む話、だいたい学校の前に親が教育することじゃないかな

業者、悪くないのに。

うずら卵の問題か? ちゃんと噛んで食べましょうって教育すれば良いんだよ。 そんなこと言ったら、毎年、喉つまらせて大勢が亡くなってる餅なんて販売禁止の超危険物!

こんにゃくゼリーと同じ匂い

まとめ

給食の汁ものにウズラの卵が入っていたような記憶が、うっすらありますがそれがなくされるのは子ども目線だと「何で?」ってなりそう。

亡くなった子は可哀そうだけど、言えることは結局「よく噛んで食べましょう」なんだと思います。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

給食死亡事故1カ月、ウズラ卵の敬遠広がる 最大産地の愛知で出荷キャンセルも:中日新聞Web
福岡県の小学校で2月26日に、小学1年の男児が給食を喉に詰まらせ、死亡した事故から1カ月。原因とみられるウズラ卵を学校給食から敬遠する...

Comment

タイトルとURLをコピーしました