PR

紙の保険証 廃止日決定?: 使用できるのはいつまで?

日本
スポンサーリンク

はじめに

政府は、マイナンバーカードを健康保険証として使用する「マイナ保険証」への移行を進めています。この記事では、その移行プロセスと、それが私たちの生活にどのような影響を及ぼすかについて説明します。

現行の保険証の廃止

2023年12月21日、政府は現行の保険証を2024121で廃止する方針を固めました。これにより、翌日以降の新規発行は行われません。この決定は、複数の政府関係者によって明らかにされました。

経過措置と「資格確認書」

2024年12月の廃止後も、有効期限が残っている保険証は最長1年間使用することができます。マイナンバーカードを持っていない人や、持っていてもカードを保険証として登録していない人には、保険証の代わりとして「資格確認書」が自治体などから送られます。

ネットの反応

資格確認書ってまた違うの持つの?マイナンバーを保険証として使いたく無い人、相当数居そうだけど?今の保険証でよくない??

これは朗報。すべての金の流れを“デジタル化”すれば、政治家の“裏金”のようなセコいことは通用しなくなる。運転免許証もマイナンバーカードに組み込まれ、iPhoneに搭載されれば、尚更便利。

デジタル化で不正利用が減るならいいんですが、正当な利用に支障が出ないか少し不安。

本当に廃止して大丈夫なのかな。よーく考えたほうがいいと思うよ。

マイナの方が外国人による不正利用を防ぎやすくなり、無駄な財源を減らせるからこれでいいんじゃないかな。 財源を減らせば、それを返すための税金も減らせるはず。

パーティー券購入の際にはマイナンバーカードを提示しなければいけなくすると皆も少しは納得する

まとめ

この移行は、私たちの生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。その影響を理解し、適切に対応するためには、最新の情報を常にチェックすることが重要です。今後の動向を見守りましょう。

参考リンク

紙の保険証、来年12月1日で原則廃止へ マイナ保険証の移行めぐり(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
マイナンバーカードを健康保険証として使う「マイナ保険証」への移行をめぐり、政府は現行の保険証を来年12月1日で廃止する方針を固めた。翌2日以降、新規発行はできなくなる。複数の政府関係者が明らかにし
健康保険証、2024年12月に廃止へ 最長1年の猶予期間
政府は21日、現行の健康保険証について、2024年12月2日から新規発行を停止し、廃止する方針を固めた。マイナンバーカードを使った「マイナ保険証」に一本化する…
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました