PR

川口市がクルド人問題で国に要望:外国人不法行為者を強制送還してほしい

日本
スポンサーリンク

はじめに

川口市は、市内に900人以上のトルコ国籍の仮放免者がいると把握しており、その多くはクルド人と見られています。

2023年9月、川口市はこの仮放免制度について国に要望書を提出しました。

仮放免制度とは

出入国在留管理局に収容されている外国人を、請求または職権で一時的に収容を停止し、条件付きで身柄の拘束を仮に解く制度で以下のような状況で適用されます。

  • 外国人が退去強制事由に該当する可能性がある場合、出入国在留管理局が調査を行い、原則として主任審査官が発行する収容令書により外国人を収容します。
  • この収容は通常30日間ですが、やむを得ない場合はさらに30日間延長できます。
  • 仮放免とは、このような収容に対して身柄の拘束を一時的に解くための手続きです。
  • 仮放免が認められると、一時的に収容が解かれて自宅に帰ったり、家族や友人と会ったりすることが可能となります。

ただし、仮放免は一時的な放免に過ぎず、定期的に出入国在留管理局への出頭が義務付けられたり、再び収容される可能性もあります。また、仮放免中の就労は原則として禁止されています

川口市の要望

川口市の要望は以下の3点です。

  • 不法行為を行う外国人に対しては、法に基づき厳格に対処(強制送還等)してほしい。
  • 仮放免者が市中で最低限の生活を維持できるよう、就労を可能とする制度を構築してほしい。
  • 生活維持が困難な仮放免者については、「入国管理」制度の一環として、健康保険その他の行政サービスについて、国からの援助措置を含め、国の責任において適否を判断してほしい。

市長の不満

川口市の奥ノ木信夫市長は、国に対して不満を表明しています。

「仮放免で帰る人は何%いるのか、国はそれさえも発表もしてない。ほったらかして、全部、地方自治体に任せることは、まったく考えられないですね」と市長は語ります。

ネットの反応

外国人に寄り添って失敗した市長だからこそ、転身ぶりに説得力がある

「自分でまいた種は自分でかりとらねばならず、他者におしつけてはならない」

もともと自分で呼び込んだ自業自得であるとは言え 過ちを認め考えを改めたことは偉い。 条例で対処できないのだろうか?

2. 仮放免者が、最低限の生活維持ができるよう就労を可能とする制度を構築・・。 3. 生活維持が困難な仮放免者について、健康保険その他の行政サービスについて、国からの援助措置・・。 不法滞在者が、働いて暮らせるようにしてほしいと願う、川口市長。 居てほしいんやね。

もっと大きな声で「外国人誘致は失敗であり大きな間違いだった。これ以上拡大すれば取り返しのつかない国になる。」と言う責任がある。 是非最悪の失敗例として声を届けて欲しい。

まとめ

川口市市長の声明をまとめました。

市も国も毅然とした対応をとってほしいですね、クルド人問題に対して警察も及び腰になっているなんて話もSNS上ではよく見かける為、偉い人がしっかり旗振りして対応してほしいものです。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

埼玉・川口市がクルド人めぐり国に異例の訴え なぜ?現場で何が? | NHK
【NHK】埼玉県川口市で2023年7月、病院に100人近くの外国人が集結する騒動が発生しました。川口市ではトルコから来たクルド人のコミュニティーが拡大し、ゴミ出しのルールや生活習慣などの違いによる、住民との摩擦も目立っています。一方、クルド...

Comment

タイトルとURLをコピーしました