PR

LGBT問題:女性権利保護団体「’もの’があるなら女子トイレに入るな」

日本
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

最高裁の性別変更要件判断

2023年10月、日本の最高裁は、性別変更に関する特例法が求める「生殖機能の喪失要件」について、個人の尊重を定めた憲法13条に反すると判断しました。これは、性別を変えるためには、男性の場合は男性の部分、女性の場合は女性の部分を手術でなくすことが必要だという法律です。

女性の権利保護を目指す団体の反応

2023年12月15日、女性の権利保護を目指す「女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会」は、東京都内で記者会見を開き、この最高裁の決定に否定的な考えを示したうえで、男性器を有した人による女性トイレの利用を公認しないための法整備などを訴えた冊子の発行を公表した。

最高裁とメディアへの批判

性別適合手術を経て女性に性別変更した「性同一性障害特例法を守る会」の美山みどりさんは、「LGBT活動家の主張だけを鵜呑みにして、イデオロギー的な偏った立場で判断を下したとしか思えない」と最高裁の決定を疑問視しました。

さらに、「マスコミは活動家の意見を取り上げた半分でも(特例法の堅持を求める)われわれの意見を報道したのか」と疑問を投げかけ、メディアの報道姿勢についても批判しました。

ネットの反応

そういや、いつも連帯&賛同してる人達って、この問題こそ声を上げるべきなのに静かよね。

なんでその反対が居ないのか それが全てを説明するよね、 男はスカート履いても、かつら被っても中身が男。

完全に正論、向こうの活動家を支持する人間よりも、女性スペースを守りたいと思っている人の数の方が圧倒的に多いと思うので、数でもって暴論に対抗していってほしい。

幼少期に間違ったほうへ行こうとしたら、それは違うんだときちんと教える先生が必要、 間違って成長した場合の、効果的な治療法も確立しましょう。

僕は男ですけど、 女性スペースを守る会を応援します、 男性器のある者は女性スペースに入るべからず! 男からしたってヘンテコなLGBT活動家は迷惑です!

まとめ

性別変更の要件についての最高裁の判断は、社会全体に影響を及ぼしています。一部の人々はこの決定を歓迎していますが、大多数の人は懸念を示しているように思えます。これらの問題は、私たちがどのように社会を形成し、多様性を尊重するかについての重要な議論を提供しています。

参考リンク

「マスコミはLGBT活動家の意見ばかり‥」女性スペース守る連絡会が会見
女性の権利保護を目指す「女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会」は15日、東京都内で記者会見し、戸籍上の性別を変更する要件を盛り込んだ性同一性障害特例法に関す…
「マスコミはLGBT活動家の意見ばかり‥」女性スペース守る連絡会が会見(産経新聞) - Yahoo!ニュース
女性の権利保護を目指す「女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会」は15日、東京都内で記者会見し、戸籍上の性別を変更する要件を盛り込んだ性同一性障害特例法に関する最高裁の決定に否定的な考えを示した上で

Comment

タイトルとURLをコピーしました