PR

窃盗犯に対する無人店の逆襲:SNS画像公開の是非

日本

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

はじめに

最近、24時間無人店が増える中で、窃盗犯への対策が課題となっています。しかし、最近では、これらの店舗がSNSを活用し、窃盗犯に対する“逆襲”を始める店舗が出現しています。

無人店の増加

新型コロナウイルスの影響で、人々の生活様式が大きく変わりました。それに伴い、24時間営業の無人店が全国で急速に増えています。これらの店舗は、人手不足や労働コストの削減、さらには新型コロナウイルスの感染防止対策として、非常に有効なビジネスモデルとなっています。

窃盗事件の増加

無人店では、窃盗が問題となっています。しかし、店舗側は防犯カメラの映像をSNSで公開することで、窃盗犯に対する“逆襲”を始めました。この戦略は、窃盗犯を特定し、他の顧客に警戒を促すという二重の効果があります。

専門家の意見

この方法には注意が必要です。専門家は、プライバシーの観点から、このような行為について慎重になるよう呼びかけています。公開された映像が誤った人物を特定する可能性もありますし、無実の人々の名誉を傷つける可能性もあります。

ネットの反応

・窃盗多すぎて被害者は泣き寝入りが基本になってない?

・映像を積極的に公開すれば、純粋に買い物をしたい客は、プライバシーをさらされるのではと不安を抱く可能性がある? そんなこと心配するのは、悪いことしてるヤツだけだろ

・犯行現場が映っていた場合9割は摘発されるらしいし、今後の抑止力にもなる。

・窃盗犯がプライバシーの侵害で訴えれば自分が窃盗をしたことを認めることになり、逆に店側から窃盗の罪で訴えられるので、プライバシーの侵害で訴えられることはほとんどないでしょう。 とはいえ、誤って画像を公開すれば来店客が激減するリスクや訴訟に発展するリスクもあり、難しい問題です。

・こういうケースで出て来るのが 万引きや窃盗のフリをして画像を公開させて 「名誉棄損であり訴える」として 金を巻き上げてくるパターンなので それに引っ掛からない様にしないといけない。

まとめ

24時間無人店が窃盗犯に対する“逆襲”を始めたことは、新たな防犯戦略の一環と言えます。しかし、その一方で、プライバシーの問題も考慮しなければならないという事実を忘れてはなりません。これからも、この問題については引き続き注視していきたいと思います。・・・(内心窃盗犯も煽り運転もみんなモザイクなしでSNSに上げる風潮が出来たらいいな思ってますけどね)

  • 記事作成参考サイト

24時間無人店が「窃盗犯」に“逆襲”、SNS上で画像公開相次ぐ 専門家は「慎重に」 – 産経ニュース (sankei.com)

若狭勝弁護士 相次ぐ無人販売店での窃盗事件に「検挙に勝る防犯なし…片っ端から検挙することで抑止力に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「盗んだ肉は旨かったか?」肉の無人販売店が窃盗犯に“喝”…はり紙に込められた思いを聞いた|FNNプライムオンライン

Comment

タイトルとURLをコピーしました