PR

トランス女性とスポーツ:「同じ女性の仲間だと感じられない」の現実

日本
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

トランスジェンダー女性のスポーツ参加についての議論

2023年の3月23日、世界陸連は、男性として思春期を過ごしたトランスジェンダーの選手について、女子の世界ランキング大会への出場を認めないという新たな規定を発表しました。この決定は、「女子カテゴリーを守るという包括的な原則に基づくもの」と述べられました。

トランスジェンダー女性選手の声

「男性としては出場したくない」 – これは、トランスジェンダーの女性ランナーの独白です。彼女たちは、自分たちが女性であるという自己認識を持っており、その性別に基づいてスポーツに参加したいと考えています。

しかし、同じマラソン大会に出場した女性選手からは「同じ女性の仲間だと感じられない」と、トランスジェンダーの女性選手が女子スポーツに参加することに対する意見を表明しています。

今後の見通し

世界陸連は、今後1年間でトランスジェンダー選手の出場指針に関してさらに検討すると発表しています。科学が進歩し、証拠が増えれば、方針を見直す可能性もあります。

この問題は、スポーツの公平性と包括性の間でのバランスを求めるものであり、今後も注目されるでしょう。

ネットの反応

「男性としては出場したくない」 この独白内容って自分本位以外何者でもないな。多くの女性の、考えには寄り添わないで自分のことばかり 。

妻がいて、戸籍上も男性で性別適合手術も受けていない性自認が女性の記事だが… 『差別』を避ける為にもスポーツは『区別』するべき 。

別にトランスを認めない訳じゃないけど、アスリート系では明らかに害悪だ 。

ダメなものはダメです。肉体が男なら男としてでなさい。以上の話です。なんでもかんでも自由なわけない。何かを得れば何かを失う事は不思議ではない 。

無理に男女で分けずに、男・女・トランスジェンダーと3者に分ければどうかな 。

アホか…【肉体の性別】で区別しろや。 精神性なんぞ持ち込まれたら洒落にならんのは周りが散々証明しとるやんけ。 個人的に『スポーツの世界でギャーギャー喚いてるトランスジェンダーは卑怯者』だと思うようになった。 骨格と筋肉量が根っこから違うってのに、ズルいやろ。

まとめ

トランスジェンダーの女性選手のスポーツ参加は、公平性と包括性の間での難しいバランスを求める問題です。世界陸連の新規定は、この問題に対する一つの解決策を提供していますが、その解決策自体が新たな議論を引き起こしています。この問題は、スポーツ界だけでなく、社会全体でのジェンダーの理解と受け入れについての重要な議論を提起しています。今後の動向に注目が集まります。

参考リンク:

「男性としては出場したくない」 トランス女性ランナーの独白、「同じ女性の仲間だと感じられない」の声も(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
とある地方都市のマラソンランナーたちの間で、未だかつてなかった悩ましい問題が起きている。女性であると自認する元男性が女性として数々の大会に出場しており、周囲が戸惑っているというのだ。当のトランス女
世界陸連、トランスジェンダー女性の女子種目出場を禁止 - BBCニュース
世界陸連は23日、トランスジェンダーの女性が国際大会で女子カテゴリーに出場するのを禁止した。
激化するトランス女性へのバッシング スポーツ参加は「ずるい」のか:朝日新聞デジタル
男性から女性に性別移行したトランス女性のアスリートがトップレベルの競技大会に出場することを制限する動きが世界で強まっています。 一般社会では、「性自認」を重視する流れの中で、肉体で競い合い、公平性を…

Comment

タイトルとURLをコピーしました