PR

中国の原発、トリチウム放出量が日本の福島第1原発の処理水の9倍と発覚

日本

北京共同 によると、2022年に中国の原発が放出した排水に含まれる放射性物質トリチウムの量が、東京電力福島第1原発の年間放出計画量の上限と比べて最大9倍に上ることが、中国の公式資料から明らかになりました。

スポンサーリンク

中国の立場と日本の対応

中国は、処理水に他の放射性物質も含まれると主張し、海洋への放出に反対する立場を崩していません。これに対し、日本はその主張と平行線をたどっています。

中国公式資料によるデータ

公式資料である「中国核能年鑑」23年版には、22年の原発の運用状況や安全性のデータが記録されており、13原発計19カ所の観測地点で放射性物質を調べた結果、7割以上に当たる15カ所の排水に含まれるトリチウムの量が、福島第1原発から放出が計画されるトリチウムの年間上限量の22兆ベクレルを超えていました。

特に、浙江省に立地する秦山原発が22年に放出したトリチウム量は202兆ベクレルと、処理水上限の9.1倍に達していました。

ネットの反応

福島第一の処理水のこととやかく言って欲しくない数値やないかい!

中国の方が多く放出してる資料て前からあるよね?

公式資料でこれでは実際にはもっと酷いのかな?

友達と言い争いで怒ったのに、実は自分が完全に間違えてた時のあの恥ずかしすぎるアレと一緒だ

指摘しても開き直って逆ギレしそう。

まとめ

よその国が勝手に調べた調査結果ではなく自国内の公式資料なんですが、中国政府は何か声明を出すんでしょうかね?正直態度をただす未来が見えないんですが・・・

中国国民にこの話題が広まる事を願います。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

中国原発のトリチウムが上限超え 福島第1処理水の最大9倍 - ライブドアニュース
中国の原発が2022年に放出した排水に含まれるトリチウムの量。福島第1原発処理水の年間放出計画量の上限と比べて最大9倍に上ると分かった。中国は、処理水には他の放射性物質も含まれるとして海洋放出に反対している

Comment

タイトルとURLをコピーしました