PR

給付金10万円: 政府の経済対策再び

日本
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

はじめに

2023年12月12日、政府が打ち出した経済対策の一環として、低所得世帯向け給付金の全容が明らかになりました。

給付金の詳細

この給付金は、所得税は納めていないが、一定以上の収入があれば課される住民税の「均等割」だけ納めている世帯にも一律10万円を給付されます。さらに、18歳以下の子ども1人当たりには5万円が上乗せされます。この制度は、所得税と住民税の両方が課されない世帯と同水準とし、収入によって給付額に差が出ることを避けるためのものです。

給付の開始時期と対象者数

政府は、2023年度予算の予備費を財源とし、2024年2~3月をめどに給付を開始する方向で調整しています。均等割だけを納めている世帯の数は、政府の推計によれば約500万人に上るとのことです。

住民税の「均等割」と「所得割」

住民税には、「均等割」と「所得割」の2つの部分があります。均等割が課される収入の水準よりも多い場合、所得割も納めなければならなくなります。また、所得税が課される収入の水準はさらに高くなります。物価高の影響を緩和するためのこの給付金制度では、均等割だけを納めている世帯への支援をどうするかが重要な論点となっていました。

定額減税の実施

さらに、政府は2024年6月から、所得税と住民税を合わせて1人当たり計4万円の定額減税を実施する予定です。

ネットの反応

またしても所得要件。 おまけに確認に時間がかかる「世帯」 該当か確認以外にも自分は該当か問い合わせ手間など 相当な事務手間かかるくらいなら マイナンバー紐づけ口座限定で一度配ったらいいと思う。

いつも対象外だし税金真面目に納めるの嫌になってきた 働けば働くほど損する社会ってなんなん?

低所得世帯にばかり給付金が来ますが、その給付金は結局税金ですし、それらの給付金と言われるお金も税金として持っていかれるのが辛いなとも思います。そして何よりも、一時的に10万円の給付金を給付するより根本的にやるべき事があるのに関わらずそれをしない岸田首相はやはり支持したくないです。

低所得世帯に一律給付10万円だって、 働く人が損する社会、働かない人が得する社会、私のボーナスの税金返してよ。

低所得者世帯に一律10万円給付するより、消費税減税したほうがよっぽど良いだろ 食料品は以前から比べるとほぼ2倍近い。100円程度のカップ麺ですらもう180円代。 仮に、国民全員にもう一度10万円の金をまたバラまかれてももう誰も喜ばねぇっての 庶民感覚がわからねぇ議員はもうさっさと辞めてくれ。

まとめ

この経済対策は、低所得世帯の経済的負担を軽減し、生活を支えるための一歩となるのでしょうか?貰えるものは貰って嬉しいけど、それはそれとしてまだ政治家に対する不信感を拭うことはできないでしょうね。今後の動向に注目が集まります。

参考リンク

低所得世帯、一律10万円給付 子ども1人に5万円追加(共同通信) - Yahoo!ニュース
政府が経済対策で打ち出した低所得世帯向けの給付金の全容が12日、判明した。所得税は納めていないが、一定以上の収入があれば課される住民税の「均等割」だけ納めている世帯にも一律10万円を給付し、18歳
低所得世帯、一律10万円給付 子ども1人に5万円追加 - ライブドアニュース
給付金と定額減税の概要政府が経済対策で打ち出した低所得世帯向けの給付金の全容が12日、判明した。所得税は納めていないが、一定以上の収入があれば課される住民税の「均等割」だけ納めている世帯にも一律10万円

Comment

タイトルとURLをコピーしました