PR

食中毒

海外

タンザニアで絶滅危惧種ウミガメの食中毒事件:ケロニトキシズムとは何か?

2024年3月5日、タンザニアのペンバ島でウミガメの肉を食べた観光客、子ども8人と大人1人が死亡し、78人が病院で治療を受ける事件が発生しました。この事件は、ウミガメの肉が引き起こす可能性のある致死性の食中毒、「ケロニトキシズム」によるものでした。