PR

週刊文春

日本

松本人志vs週刊文春、ミヤネ屋の偏向報道に抗議文:「名誉権の侵害を助長する内容」

2024年7月12日、ダウンタウン松本人志の代理人である田代政弘弁護士が、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」を制作する読売テレビへ抗議文を送ったと発表しました。
日本

週刊文春 VS Mr.Children(ミスチル):「不正行為は一切ございません」

週刊文春は2024年6月5日、「《内部資料入手ミスチルコンサートツアーで裏金4億円が作られていた!」との見出しを付けた記事を配信した件について、Mr.Children側は不正の存在を否定していた為まとめます。
日本

松本人志と週刊文春の裁判:第1回口頭弁論の概要

ダウンタウンの松本人志氏は、自身に対する報道について、週刊誌「週刊文春」の発行元である文芸春秋などに5億5000万円の損害賠償を求める裁判を起こしました。 この裁判の第1回口頭弁論が2024年3月28日に東京地裁で開かれ、約4分で閉廷しました。
日本

松本人志が裁判開始前の心境を告白「お笑いがしたいです 」

週刊文春の女性を巡る記事で名誉を傷つけられたとして、約5億5千万円の慰謝料を求めて提訴したダウンタウンの松本人志氏が、2024年3月25日にSNSを更新し心境を告白していた為紹介します。
日本

松本人志と女性を巡る報道:女優の霜月るなが再び暴露

週刊文春に掲載された松本人志氏と女性を巡る報道で、2024年3月7日、女優の霜月るな氏が再び新たな証言を暴露していたので紹介します。
日本

松本人志問題の週刊文春報道:新谷学総局長が明かす真相とは

株式会社文芸春秋の新谷学総局長が、2024年3月2日に公開されたYouTubeチャンネル「ReHacQ-リハック-」の動画企画「あつまれ!経済の森」でダウンタウン・松本人志の女性への加害報道を行った経緯を語りました。
日本

松本人志の飲み会についての真実:霜月るなが週刊文春を否定する証言

2024年3月3日、女優の霜月るながSNSで、ダウンタウンの松本人志氏が女性問題で週刊文春に報道された飲み会に自身が参加していたと証言し、記事の内容を一部否定しました。
日本

デヴィ夫人が週刊文春を刑事告訴:「極めて悪質と申し上げざるを得ません」

2024年2月27日、タレントのデヴィ夫人が自身についての週刊文春の報道に対し、「事実無根」とし、名誉毀損及び信用棄損の罪で刑事告訴したことを自身のSNSで公表しました。