PR

群馬県:朝鮮人労働者追悼碑の撤去反対運動に仁藤夢乃出没

日本
スポンサーリンク

はじめに

群馬県は、高崎市にある県立公園「群馬の森」内の朝鮮人労働者追悼碑の撤去作業を行政代執行により開始しました。県内の都市公園での行政代執行は初めての事。

反対運動

碑の撤去については、県内外の市民団体などから反発が寄せられており、一般社団法人Colaboの代表仁藤夢乃氏が反対運動に参加していたと、SNS上で話題となっていました。

撤去の経緯

この追悼碑は、2004年に市民団体が「政治的行事をしない」などの条件を満たすことで県の許可を得て設置されました。

しかし、その後の追悼式典で出席者が「強制連行」などの言葉を使ったことから、県は2014年に条件違反があったとして許可を更新しない決定。

この県の処分の適法性を巡る訴訟は、2022年6月に最高裁で県の勝訴が確定しました。

ネットの反応

お金が集まるからこういうことをやってる。お金がもらえなけれはこんなことはしない

「差別」と「区別」の違いは難しいみたいですね 日本語も不自由過ぎるので

チョーセン系の方でしたよね?

アッチ側であることをさりげなくカミングアウト

ビジネスで活動家してるだけかと思ってたけど、反日極左が本当の目的だな。

まとめ

一般社団法人Colaboの話が今どうなっているか知らないけど、活動家であることを隠しもしないですよね?Colaboとは関係ない政治活動だからOKとか、そんな話なんでしたっけ?この人は、また何かしらするだろうから、今後もネタ提供期待します。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

「群馬の森」朝鮮人労働者の追悼碑 県、行政代執行で撤去開始 | 毎日新聞
群馬県は29日、高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人労働者追悼碑について、行政代執行による撤去作業を始めた。県によると、県内の都市公園での行政代執行は初。碑の撤去を巡っては県内外の市民団体などが反発していた。

Comment

タイトルとURLをコピーしました