PR

イラン国籍の男性、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されるも不起訴

日本
スポンサーリンク

はじめに

名古屋地検は、覚醒剤を譲り渡したとして逮捕されたイラン国籍の男性について、不起訴処分としました。

(「不起訴」は、検察官が犯罪行為を行ったであろう被疑者に対して、刑事裁判を行わない処分のことを指します。不起訴となれば、刑事裁判が行われず、そのまま事件終結となります。 )

事件の詳細

2024年1月9日付で不起訴処分となったのは、イラン国籍の住所不定、無職の男性(62)です。

警察によりますと男性は愛知県豊川市の路上で他の人物と共謀し営利目的で日本人に対して、覚醒剤約0.382グラムを2万円で譲り渡したとして2023年11月、覚醒剤取締法違反の疑いで警察に逮捕されていました。

不起訴処分の理由

名古屋地検は不起訴処分の理由を明らかにしていません。

ネットの反応

え、そんな不起訴になることあるんですか⁉︎ 外国籍が関係しているんですかね。

不起訴だから強制送還はないんじゃない? あるのかな?

不起訴だと証拠品はどうなるの?押収する理由が無くなっても押収して保管するの?

住所不定の外国人が いる事を問題にしてほしいなって思います。

まさかと思うが、外国人とは言葉の問題で意思疎通が面倒なのなで早々に釈放する傾向にあるのでは無いかと懸念している…

まとめ

この事件は、覚醒剤の取引と法的な結果についての重要な議論を提起します。逮捕されたのが日本人だったら不起訴になってないよね?とか考えてしまいますがどうなんでしょう?不起訴処分の明確な理由が発表される事を望みます。

参考リンク

覚醒剤を譲渡容疑で逮捕のイラン国籍の男性を不起訴 名古屋地検(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース
営利目的で覚醒剤を譲り渡したとして逮捕されたイラン国籍の男性について、名古屋地検は不起訴処分としました。  9日付で不起訴処分となったのは、イラン国籍の住所不定、無職の男性(62)です。  警
覚醒剤を譲渡容疑で逮捕のイラン国籍の男性を不起訴 名古屋地検
営利目的で覚醒剤を譲り渡したとして逮捕されたイラン国籍の男性について、名古屋地検は不起訴処分としました。9日付で不起訴処分となったのは、イラン国籍の住所不定、無...
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

Comment

タイトルとURLをコピーしました