PR

人身売買関連容疑で逮捕されたフィリピンの市長が中国人と判明:「日本にもいるでしょ…」

海外

2024年6月30日、人身売買関連容疑で逮捕された

フィリピンのバンバン市の市長であるアリス・グォが中国人であることが判明し、

大きな議論が巻き起こっています。

スポンサーリンク

市長逮捕

アリス・グォ市長の逮捕のきっかけとなった事件は、

彼女が所有していたとされるオンラインカジノ事業が、

裏では海外詐欺組織をしていたことが判明したことです。

この施設は「ロマンス詐欺」の犯行拠点であり、施設には数百人が監禁されており、

警察は詐欺の拠点を強制捜査し、詐欺に巻き込まれた約700人を救出しました。

この摘発により、

グォ市長がこの施設の敷地の半分とヘリコプター1機を所有していることが明らかになり、

彼女の出身背景と経歴がしっかりと確認されていないことから、

中国のために働くスパイではないのか」という疑惑が提起されました。

中国人と判明

現地捜査当局の調査により、彼女の指紋が2003年にフィリピンに入国した中国人女性、

グォ・ファピンの指紋と一致したことが明らかになりました。

グォ・ファピンは、13歳の時である2003年1月に

中国人のパスポートを所持して特別投資居住ビザでフィリピンに入国しました。

その後、「アリス・グォ」という名前をフィリピン人から盗用したとみられています。

スポンサーリンク

ネットの反応

やばっ…日本にも普通に居そう…

国会議員にも複数いると思う。地方議員、官僚とか職員合わせたらどの程度いるのか気になる。

外国人の指紋押捺ってやっぱり正しかったのでは?

ないとは思うけど全市町村、国会議員、官僚は念のためチェックしたほうがいいと思います。

今はいなくても今後のためにもチェック体制があるといいですね。

ほれみろ、こんなことになっちゃうんじゃねーか

まとめ

人の信頼を集めておいて、人身売買で逮捕されたあげくに身元は中国人?

どんだけ面の皮が厚いのか・・・

身元調査の大切さを実感させる事件ですねえ。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

「中国のスパイ」疑惑のフィリピン女性市長、中国人だった?指紋が一致 (2024年6月30日掲載) - ライブドアニュース
南シナ海領有権問題で中国と対立するフィリピンで、「中国のスパイ」と疑われてきた女性市長が中国人であることがわかり議論が拡大している。現地捜査当局の調査の結果、女性市長の指紋は2003年にフィリピンに入

Comment

タイトルとURLをコピーしました