PR

ストーンヘンジに塗料を散布した環境活動家逮捕:「ペンキの影響、推測不能」

海外

2024年6月19日、英国の世界遺産であるストーンヘンジが、

環境活動家によってオレンジ色の塗料で汚されるという出来事がありました。

スポンサーリンク

事件の概要

この事件は、環境保護団体「ジャスト・ストップ・オイル」

抗議者2人によって引き起こされました。

彼らは、5000年前に作られたこの遺跡にオレンジ色の粉を吹き付けました。

この日は、毎年行われている夏至を祝う集会が始まる前日でした。

活動家の目的

活動家たちは、次期政府に対して2030年までに

化石燃料の使用を段階的に廃止するという条約への署名を求めるために、

この行動を起こしました。

彼らは、化石燃料の使用が地球温暖化を引き起こし、

環境に深刻な影響を及ぼしていると主張しています。

活動家逮捕

地元のウィルトシャー警察は、「ストーンヘンジに損害を与えた容疑で」、2人を逮捕しました。

逮捕された2人は、オックスフォード出身の学生ニアム・リンチ氏(21歳)と、

バーミンガム出身のラジャン・ナイドゥ氏(73歳)でした。

イギリスの法律によれば、歴史的遺跡や文化財を損壊する行為は厳しく罰せらられます。

具体的な罰則については、事件の詳細や被害の程度、加害者の意図などによりますが、

一般的には罰金や懲役が科せられることがあります。

ストーンヘンジへの影響

ストーンヘンジに散布されたオレンジ色の塗料について、

環境保護団体「ジャスト・ストップ・オイル」は、

塗料はでんぷん製で雨で流れ落ちると説明しています。

しかし、考古学者のマイク・ピッツ氏は、この出来事の影響は

非常に懸念されるものとなる可能性がある」と述べています。

彼は、

「ストーンヘンジは数十年にわたって立ち入りが禁止され、巨石の表面は保全されている。

表面は傷つきやすく、先史時代の刻印で完全に覆われており、まだ十分に研究されていない。

石の表面が傷ついていれば非常に心配だ」

と指摘しています。

また、

「巨石の上では植物が豊かに育っており、めずらしい地衣類が生えている。

そのため、(損害が)大きな懸念を残す可能性がある」

とも述べています。

スポンサーリンク

ネットの反応

環境団体という名の環境破壊者 どっから金出てるんだろうねぇ~

愚かだねぇ、実に愚か ストーンヘンジがどんなものかということを知っていれば、

むしろ自然調和の象徴とし現代文明批判とすることが出来たというのに

この環境活動団体って、環境の事より嫌がらせ行為の方が悪目立ちしているが

罪を重くする事は出来ないのだろうか

コイツラ石仏爆破したタリバンと変わらんだろ

やはり、環境団体は環境破壊をなんともおもわない

まとめ

活動家の頭の悪さばかりが強調されて、

本気で守りたい物があるのかわからない…

やっぱ金か?金だよね?貰ってんだな?

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

英の世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色の粉末 環境団体が散布
過激な抗議行動を展開する環境活動団体「ジャスト・ストップ・オイル」のメンバーが19日、英南西部にある世界遺産の環状遺跡「ストーンヘンジ」にオレンジ色の粉末を散…
【動画】「ストーンヘンジが汚された」「ペンキの影響、推測不能」 学者らの怒り
英南西部にある世界遺産の古代巨大遺跡「ストーンヘンジ」に、環境保護団体「ジャスト・ストップ・オイル」のメンバーがオレンジ色のペンキを散布した問題で、考古学者や…

Comment

タイトルとURLをコピーしました