PR

竹島問題:証拠が韓国の主張を否定

日本

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

竹島問題とは

日本と韓国の間で竹島 の領有権を巡る争いのことを指します。 この問題は、第2次世界大戦後の1952年に韓国が竹島を占拠したことから始まりました。日本政府は、竹島は歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに日本固有の領土であると主張しています。しかし、韓国側はこれに反論し、竹島は古代から韓国の領土であると主張しています。

竹島問題の現状

2023年12月1日、日本国際問題研究所は、竹島が島根県に編入された1905年1月以降、初めて「竹島」と表記されたとみられる公的地図を確認したと発表しました。この地図は、旧海軍が同年4月に刊行した「日本近海水先図」で見つかりました。

この発見は重要な意味を持っています。なぜなら、これは韓国側が竹島の領有権を巡り「編入は秘密裏に行われ、当時の政府や国民は認知していなかった」とする主張への反論材料になるからです。

ネットの反応

証拠つきつけても オツムがまともなじゃないから あいつらは絶対は認めない 白黒つけるなら 国際司法裁判所に委ねるのが一番。

列記とした証拠がないから裁判に応じてないのですよね?

もっと主張し毅然と対応しよう。 韓流等と浮かれてる場合では無いと思う!宗教問題もしかり。

明確な日本の領土だとする事実があるならば、躊躇せずに外交問題にすべきだろう

朝鮮「事実はそうだけれども我々に対する愛情はないのかーっ」 朝鮮なんざ100人いれば100人全部こんなもの 対話は成立しない

韓国の嘘を確実に退治していこう。韓国国内では手を加えられていない歴史は存在しないのではないかと思えるくらい歴史歪曲が酷い。日韓問題の多くは韓国側の嘘に起因する。韓国のこの悪癖は天然のものなのか?改善する気配がまるで無い 。

まとめ

竹島問題は日本と韓国の間で見解が分かれており、その解決には平和的な対話と国際法の適用が必要とされています 。しかし、日本は1954年以降3回にわたって竹島の領有権に関する問題を国際司法裁判所に付託することを提案していますが、韓国はこれを全て拒否しています。法廷に立とうとしない韓国を相手にこの問題は解決を迎えることは出来るのでしょうか、続報に期待します。

参考リンク:

竹島が島根県に編入されて3か月後の公的地図、大学教授が確認…韓国側の領有権主張を「明確に否定できる」
【読売新聞】 日本国際問題研究所は1日、竹島が島根県に編入された1905年1月以降、初めて「竹島」と表記されたとみられる公的地図を確認したと発表した。旧海軍が同年4月に刊行した「日本近海水先図」で、研究所は、韓国側が竹島の領有権を巡
「竹島」1905年に初表記か | 毎日新聞
公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は1日、旧海軍省水路部が1905年4月に刊行した海図が、竹島の島根県編入後、「竹島」と初めて表記したとみられる公的地図と確認されたと発表した。

Comment

タイトルとURLをコピーしました