PR

東京都知事選出馬の蓮舫氏の公選法違反疑惑:「告発状を提出しました。 」

日本

2024年6月21日、第一東京弁護士会の藤吉修崇弁護士は

東京都知事選に立候補した蓮舫前参院議員を

公選法違反(事前運動)罪での告発状を東京地検に提出したと明らかにしました。

スポンサーリンク

公選法違反

藤吉修崇弁護士は自身のSNSで

「本日、東京地方検察庁に蓮舫氏の公職選挙法違反(事前運動)の告発状を提出しました。 」

と告発を明かし、告発状の一部を公開しました。

告発事実(告発状の一部)

『被告発人は、令和6年7月7日施行の東京都知事選に際し、

立候補する事を決意した者であるが、

被告発人自身の当選を得る目的で、いまだに立候補の届け出のない同年6月2日午後3時頃、

東京都千代田区有楽町二丁目7番1号有楽町イトシア前広場において、

多数の聴衆に対して

「この夏七夕に予定されている東京都知事選に蓮舫は挑戦します。」

などと演説をして、

被告発人のための投票を依頼し、

もって、立候補届け出前の選挙運動をしたものである。』

事前運動の罰則

公選法は、選挙告示前の選挙運動を事前運動として禁止しています。

これは、選挙の公平性を保つための重要な規定であり、

違反した場合には法的な制裁が科せられます。

事前運動の禁止に違反した場合、刑事事件として摘発・起訴され、判決にまで至ると、

1年以下の禁錮または30万円以下の罰金に処せられ、選挙権及び被選挙権が停止されます。

スポンサーリンク

ネットの反応

動画で証拠もあるから逃げられないんじゃなかろうか 最高です

これが事前運動に認定されないなら、公職選挙法ってなに?

ってレベルの選挙活動をやらかしましたからねー。

選挙権および被選挙権の停止は確実にやるべきです。

個人的には色々と思う所はありますが、

事象として絞って捉えると完全に事前活動ではあり、

「他の選挙でも」云々は全く関係ない話として単独で判断されるべきかと。

そりゃそうだろ(笑)  あれだけはっきり言い切ってたもんね

でも、お咎めなしでしょ どうせ

まとめ

正直今すぐどうにかされるなんて一切期待してないけど、

選挙活動後にどんな影響があるのかに期待したいね。

法律違反者って事は犯罪者って事だからね?

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

都知事選出馬の蓮舫氏の告発状を東京地検に提出 東京の弁護士、公選法違反の事前運動で
インターネット上の中傷問題に詳しい藤吉修崇(のぶたか)弁護士は21日、東京都知事選(7月7日投開票)に立候補した蓮舫前参院議員に対する公職選挙法違反(事前運動…

Comment

タイトルとURLをコピーしました