PR

姫路城の入場料、外国人観光客に限り4倍値上げを検討

日本

2024年6月16日、姫路市の清元秀泰市長は、外国人観光客に限り、

姫路城の入場料を現在の1000円から4倍程度に

値上げすることを検討していることを明らかにしました。

スポンサーリンク

値上げの詳細

清元市長は、

「姫路城は7ドルで入れる。もっと値上げしようかなと思っている。

外国の人は30ドル払ってもらい、市民は5ドルくらいにしたい」

と述べました。

この決定は、オーバーツーリズム(観光公害)対策と

城の補修費用の確保のためのものです。

観光客の数

姫路城は、2023年度に約148万人の訪問者を迎え、

そのうち約45万人、つまり全体の3割が外国人観光客で、

これは過去最高の数値でした。

海外の 二重価格

一部の国や地域では、「二重価格」制度が存在します。

これは、地元の住民には通常の価格を適用し、

外国人観光客には高い価格を設定することで、

観光地や施設が運営費用を確保したり、

観光客の流れを調整したりするための一つの手段となっています。

スポンサーリンク

ネットの反応

外国人観光客に高めに設定していいと思う!日本は安いから来るって話も聞くし。

マナー違反も多いから、そういう所にお金を使えるようになるし。

補修とかに使える金額が増えるから賛成かな!

一応だが、不公平や差別には当たらない。

外国語メニューや受付などの手数料や人件費という名目であれば二重価格は必要。

これは正しい。 税金払ってないんだから、多く取っても良い。

市民に対しては地元のものですからもっと身近に感じてもらうためにも

入りやすい金額にするのはありだと思います。

そして外国人観光客に対しても正直ありかなと。

貴重な文化財の守るためにはこういうことも必要なのかなって思います

全国的に有名な姫路城が率先して、

外国人観光客への二重価格を設定しすることはとても意義あることだと思う。

オーバーツーリズム対策として、

京都をはじめとして全国的にこの流れが広がって欲しいと思う。

まとめ

まあ、実際海外でも観光客向けの料金設定はあるんだし、

外国人旅行客を初めから想定してるんだったらどこでもやるべきことなんだと思う。

お金はあるところから搾り取ろう。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

姫路城の入場料、外国人観光客のみ「4倍に」検討…現在は18歳以上1000円 - ライブドアニュース
姫路城の入場料について、姫路市の清元秀泰市長が16日に国際会議で言及した。外国人観光客に限って4倍程度の値上げを検討していることを明らかにした。オーバーツーリズム(観光公害)対策や城の補修に充てたい考えという

Comment

タイトルとURLをコピーしました