PR

生活道路の法定速度改案:60キロから30キロに見直し

日本

2024年5月30日、警察庁は生活道路の安全性向上を目指し、

中央線が引かれていない狭い生活道路の法定速度を

現行の時速60キロから30キロに見直す方針を発表しました。

この新たな取り組みは、

道路交通の安全性を高めるための重要な一歩となります。

スポンサーリンク

現行の法定速度

現在、高速道路以外の道路を走行する際の自動車の法定速度は、

幅の狭い生活道路も含めて時速60キロと定められています。

しかし、中央線や中央分離帯がない狭い道路では、

この速度制限が適切でないとして今回の方針が発表されました。

新たな法定速度の設定

警察庁は、これらの問題を解決するため、

中央線や中央分離帯がない狭い道路については

法定速度を時速30キロに見直す方針を固めました。

警察庁によれば、

時速30キロであれば自動車と歩行者が衝突しても、

致命的な事故にならない可能性が高いとのことです。

法定速度見直しのスケジュール

警察庁は、今後、意見募集を行った上で道路交通法施行令を改正し、

2026年9月から法定速度を見直す予定です。

これにより、

日本の道路交通の安全性が一層向上することが期待されます。

ネットの反応

今更気づいたのか。

というか住宅街を60キロで走る人いるんですか?

逆に今まで60kmオッケーだったんだね

狭い道、しかもスクールゾーンを通学時間帯に

かっ飛ばす人いるから規制して取り締まって欲しい。

大体一方通行や制限速度の標識建てられてると思うんだけど、

なにもないそんな道路あるんだな…

標識のコストケチりだしたん?

生活道路で30キロ以上出してるのはガンガン取り締まってけ!!!

まとめ

住宅街の道路なんてジジババ子どもが怖すぎて速度なんて出せないな・・・

カッ飛ばす人はどんな心理状態なんやろか?人生上手くいってなさそうやな。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

生活道路の法定速度 時速60キロから30キロに見直しへ 警察庁 - ライブドアニュース
警察庁は、狭い生活道路の法定速度を時速30キロに見直す方針を固めた。安全確保のためとし、意見募集などをした上で2026年から見直す予定だという。高速道路以外の法定速度は現在、生活道路も含めて時速60キロだ

Comment

タイトルとURLをコピーしました