PR

【悲報】オレンジジュースの販売休止:世界的な果汁不足とその影響

日本

2024年5月現在、国内の主要な飲料メーカーがオレンジジュース商品の販売を次々と休止しています。

その理由は、主産国での減産などによる世界的なオレンジ果汁の不足と、それに伴う価格の高騰です。

スポンサーリンク

オレンジジュースの販売休止一覧

  • 森永乳業:「サンキスト 100%オレンジ」(200ミリリットル)の販売を果汁原料がなくなり次第、休止すると発表しました。
  • 雪印メグミルク:「Dole オレンジ 100%」の1000ミリリットルと450ミリリットルの販売を2023年4月上旬から休止しています。
  • アサヒ飲料:「バヤリース オレンジ」(1.5リットルペットボトル)の販売を2023年12月1日出荷分から休止し、販売再開の見通しは立っていません。

果汁不足と価格高騰の背景

この現象の背景には、世界的な果汁不足と価格高騰があります。

主要な輸入先であるブラジル産の不作により、

21年の輸入量は減少しました。

その後も、同国での23年の大雨被害や、

それに伴うカンキツグリーニング病のまん延などの影響で、

オレンジ果汁の不足感が続いています。

財務省の貿易統計によると、3月の輸入オレンジ果汁の価格は、

前年同月比69%高の1リットル620円で、

5年間で2倍になりました。

円安の影響や新型コロナウイルス禍の落ち着きで業務需要が高まっていることも重なり、

価格の上昇傾向が続いています。

国産果汁へのシフト

輸入果汁の不足が深刻化する中、

国産果汁を積極的に利用する動きも出てきました。

JA全農子会社の協同乳業は国産果汁だけを使用した飲料「農協果汁」を14年ぶりに復活し、

4月から販売しています。

商品販売を通して果樹産地を下支えするという意義もあります。

しかし、国産かんきつ果汁の需要増は、

国内のかんきつ産地の高齢化などを背景に生産基盤の弱体化が進んでおり、

供給力の確保が課題となっています。

ネットの反応

変なものが入ってて発売休止じゃなくて良かった

オレンジジュースも高級品になるのか

ポンジュース「これからは俺が売れる時代だ」

オレンジの高騰と物価の上昇さらに円高が重なってるのも、今の現状したないと思う、やはり、国内生産を考える時期だと思うし、するべきだと思う 人気商品なので残念で仕方ない人も自分を含めて多いと思う、国も支援を考えて欲しい

普通に飲めた日常が懐かしくならないことを祈ります

まとめ

不作で物自体が無いのなら仕方ないですね・・・

円安で海外製品を買うコストも結構な事になってそうだし、日本はがんばってほしいですわ。

↑↑↑↑↑↑ブログの内容を動画でもまとめていますのでよろしければどうぞ↑↑↑↑↑↑

参考リンク

オレンジ飲料 相次ぐ販売休止 減産で輸入果汁高騰(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース
国内飲料メーカーによるオレンジジュース商品の販売休止が相次いでいる。主産国での減産などで世界的にオレンジ果汁が不足し、価格も高騰しているためだ。国内で流通する果汁のうち約9割が輸入品と推計され、絶

Comment

タイトルとURLをコピーしました